ミャンマーのキハ141系 RBE2583 ナイパイタウ 2017/2/7

RBE2583 JR北海道 キハ141-8
配置:Pyinmana
運用区間:Nay Pyi Taw − Sat Thwar − Pyay 、 Nay Pyi Taw − Sat Thwar − Taungdwingyi
確認日:2017/2/7

 札沼線(学園都市線)用として、50系51形客車のオハフ51 49を1992年に苗穂工場で気動車へ改造した。
 2012年6月の札沼線電化で引退し、陣屋町から輸出。

 ミャンマーではRBE5044(キハ142-7)と組んで2013年5月頃にデビュー。資料ではマンダレー所属車となっている。
 当時は国内各地で新線の開通が相次いでおり、開通式でVIP用RBEと編成を組めるようにVIP用RBEに合わせた色に塗装され、
 JR北海道711系電車のような雰囲気になっている。内装は特に改造されていない。
 デビュー直後には2013/5/11のAyeyawady Bridge (Malun) 開通で使用。
 2014/2/7のMotargyi−Chaungwa−Kyaukkyi Railroad Section開通ではカチン州まで遠征している。

 2014/3/18にはピンマナでPyinmana−Nay Pyi Taw−Tatkonの507Up〜510Dnに使用中。
 その後も同運用やNay Pyi Taw−Pyayの急行109Up/110Dnで目撃されている。
 2017/10/25、2018/1/4も110Dnで使用中。
 2017/11/27はNay Pyi Taw−Pakokku(Taungdwingyiで車両交換)の急行107Up/108Dnで目撃されている。

 その後車体の向きが従来と逆になり、
 2018/8/3は109Up/110Dnで目撃されている。(この日は新線区間運休でNay Pyi Taw − Sat Thwarの折り返し運転)
 2018/9/9も110Dnの入庫が目撃されている。

 2018/12/16はNay Pyi Taw−Pakokku(Taungdwingyiで車両交換)の急行107Up/108Dnで目撃されている。


109Up RBE5044+RBE2583 110Dn RBE3001+RBE3002 Sat Thwar 16/12/18   110Dn RBE2583+RBE5044
   109Up RBE3001+RBE3002
   Sat Thwar 2016/12/18

109Up RBE5044+RBE2583 Sat Thwar 16/12/18   109Up RBE2583+RBE5044 Sat Thwar〜Wet Ka The 2016/12/29

110Dn RBE2583+RBE5044 Pyinmana〜Ywataw 17/3/13   110Dn RBE2583+RBE5044 Pyinmana〜Ywataw 2017/3/13

109Up RBE5044+RBE2583 ネピドー 17/2/7   109Up RBE5044+RBE2583 Nay Pyi Taw 2017/2/7

109Up RBE5044+RBE2583 ネピドー 17/2/7   109Up RBE5044+RBE2583 Nay Pyi Taw 2017/2/7
   新線開通式では貫通扉上部の白い金具に国旗を取り付けた。

109Up RBE5044+RBE2583 ネピドー 17/2/7   RBE2583 109Up Nay Pyi Taw 2017/2/7

109Up RBE5044+RBE2583 ネピドー 17/2/7   109Up RBE5044+RBE2583 Nay Pyi Taw 2017/2/7

110DN RBE5044+RBE2583 ネピドー 180104   110Dn RBE2583+RBE5044 Nay Pyi Taw 2018/1/4




RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る

Tweet