ミャンマーのキハ141系 
RBE2587+RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3

RBE2587 JR北海道 キハ141-12
配置:Kawlin Locomotive Shop
運用区間:Za Loke(MapcartaではAlon) − Monywa − Aungtha − GTC − Bawditahtaung
確認日:14/3/3

 札沼線(学園都市線)用として、50系51形客車のオハフ51 2を1993年に苗穂工場で気動車へ改造した。
 2012年6月の札沼線電化で引退し、陣屋町から輸出。

 ミャンマーではRBE5049(キハ142-12)と組んで2013年雨季頃にデビューし、
 モンユワ近郊の支線直通各駅停車「Monywa circular railroad」用となった。

 デビューから5年が経過した2018/8/29・12/13も使用中。


MyanmaRailways Alon駅の朝 <BR>RBE5049(キハ142-12)+RBE2587(キハ141-12)+RBT807 14/3/3   1Dn RBE5049+RBE2587+RBT807 Alon 14/3/3
   この編成が常駐するAlonには機関庫等が無く、
   所属のKawlinからの出張で対応している。
   以前はRBE5013+RBE5017+RBT832が常駐していた。

RBE2587+RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3   2Up RBE2587+RBE5049+RBT807 Bawditahtaung 14/3/3

RBE2587+RBE5049+RBT807 GTC 14/3/3   2Up RBE2587+RBE5049+RBT807 GTC 14/3/3
   下校の大学生が乗り込んで満員。

RBE2587+RBE5049+RBT807 Monywa 14/3/3   2Up RBE2587+RBE5049+RBT807 Monywa 14/3/3

RBE2587の室内 Alon 14/3/3   RBE2587の室内 1Dn Alon 14/3/3

RBE2587の室内 Alon 14/3/3   RBE2587の室内 1Dn Alon 14/3/3
   プレート類は撤去されている。

RBE2587の室内 Bawditahtaung 14/3/3   RBE2587の室内 Bawditahtaung 14/3/3
   復路の2Upは客室が長時間の留置で暑くなっている為、室内ファンを活用。
   乗務員室の扇風機は撤去されており、代わりに?お香を焚いていた。

RBE2587+RBE5049 Bawditahtaung 14/3/3   RBE2587+RBE5049 Bawditahtaung 14/3/3
   総括制御を行っている。
   キハ141形は動台車が後位となる為、
   廃車発生品のDT22C台車には排障器を取り外した跡がある。

RBE2587のDT22C台車 Bawditahtaung 14/3/3   RBE2587のDT22C台車 Bawditahtaung 14/3/3
   廃車発生品で、軸ばねはエリゴバネ化している。
   「製作番号3150 製作年月43-8 新潟鐵工所」
   五光製作所製逆転機を搭載。

RBE2587+RBT807 Alon 14/3/3   RBE2587+RBE807 1Dn Alon 14/3/3

RBE2587の便所 Alon 14/3/3   RBE2587の便所 1Dn Alon 14/3/3
   物置となっている。




RBE一覧へ戻る

トップページへ戻る

Tweet